無料版厳選比較|
Web給与明細

無料版厳選比較|Web給与明細

Web給与明細は、給与明細や賞与明細・源泉徴収票等の情報を電子化し、パソコンやスマートフォンなどから確認ができるようにするクラウドサービスです。給与明細をペーパーレス化し、業務効率化やコスト削減を実現します。今回は、そのメリット・デメリットをご紹介し、”無料で利用できる”クラウド型のWeb給与明細サービスを比較していきます。

Web給与明細アプリのメリット

コスト削減

Web給与明細アプリを導入すると給与明細のペーパーレス化を実現できます。ペーパーレス化することによって、経費を削減でき、人件費を抑えることにも繋がります。

・給与明細そのものの費用
・印刷代
・支社や営業所への郵送費
・工程削減により人件費も減少

管理・対応の簡易化

紙の給与明細では、過去の情報の確認に手間がかかる(確認できない)といった課題がありましたが、Web給与明細で電子化すると、過去のデータでも簡単に確認することができます。またデータで保管させるため物理的なスペースも不要となります。

業務効率UP

ペーパーレス化することによって、印刷や封入・郵送の工程が削除できるだけではありません。
送付先の誤りなどの人為的トラブルを減らし、また、給与明細の修正や再発行が必要になった場合でもデータで管理しているため、スピーディに対応できます。

 

従業員側も便利

Web給与明細は、スマートフォン等のモバイル端末に対応した製品も数多くあるため、いつでも・どこからでも給与明細を確認できます。また、紙で発行した給与明細とは異なり、従業員が自分の給与明細を紛失する心配がなく、従業員の不注意による個人情報流出のリスクを抑えられます。送信履歴の確認や誤って削除してしまったデータの復元等も簡単にできます。

管理・対応の簡易化

紙の給与明細では、過去の情報の確認に手間がかかる(確認できない)といった課題がありましたが、Web給与明細で電子化すると、過去のデータでも簡単に確認することができます。またデータで保管させるため物理的なスペースも不要となります。

Web給与明細アプリのデメリット

同意を得る必要がある

給与明細の電子化は、平成18年4月1日施行の税制改正によって認められましたが、所得税法第266条で「従業員の同意がなければ電子化はできない」と定められています。つまりWeb給与明細を導入するためには、従業員の同意が必要となります。なお、電子化に同意しなかった従業員には、紙で給与明細を配布しなければなりません。Web明細・紙明細が混在し、むしろ管理の手間が増えてしまう恐れもありますので、導入に際してはメリットや運用方法を丁寧に説明した上で従業員全員から同意を得ましょう。


情報漏洩のリスク

Web給与明細はパソコンやスマートフォン等の端末からいつでも・どこでも閲覧できる利便性がある一方、インターネットを介して給与情報を配布する以上、情報漏洩のリスクが伴います。パスワードやファイルの流出等の危険性もありますので、導入に際しては社内のセキュリティ対策を確認し、従業員のセキュリティに対する意識を向上させていきましょう。


端末の問題

端末さえあればいつでも・どこでも確認できるという利便性はありますが、裏を返せば端末を持っていない、もしくは苦手な従業員は給与明細を見れない状態になってしまいます。毎月、個別に紙明細で対応していては従業員も管理者も面倒になりますので、給与明細を紙で受け取りたいという従業員がいる可能性を考慮して導入しなければなりません。

他システムと相性が悪い

Web給与明細システムには、給与計算システムとセットになっており給与明細発行までワンストップでできるタイプと、給与計算システムと連携させて(給与計算データを取り込んで)利用するタイプがあります。既存の給与計算システム等との相性が悪かったり、自社の実情にマッチしない場合もありますので、仕様をよく確認する必要があります。

初期費用・維持費用

Web給与明細システムを導入をする場合、初期費用や月額費用がかかる場合があります。ユーザー数により価格が変わる課金型のシステムが多いため、従業員数が増えるにつれて月額費用が増加するため、製品ごとに価格を調べ、自社の場合、どれ程の費用がかかるのかを導入前に検討する必要があります。

情報漏洩のリスク

Web給与明細はパソコンやスマートフォン等の端末からいつでも・どこでも閲覧できる利便性がある一方、インターネットを介して給与情報を配布する以上、情報漏洩のリスクが伴います。パスワードやファイルの流出等の危険性もありますので、導入に際しては社内のセキュリティ対策を確認し、従業員のセキュリティに対する意識を向上させていきましょう。



Web給与明細アプリの機能

メールで自動配信/Web上で自動公開
給与明細のデータを、メールで自動配信したりWeb上(ログイン認証が必要なマイページ等)で公開することができます。郵送の場合と比較しても到着時間を短縮できたり、郵送時の紛失リスクを抑えることができます。また、自動配信できるため、作業工数の削減も繋がります。
給与明細の作成
多くの製品では、会社独自のフォーマットや項目にカスタマイズできるため、従来と同じフォーマットで簡単に明細書を作成できます。また、複数の形式を利用できる製品であれば、正社員、アルバイト等の雇用形態に合わせて発行することも可能です。
給与データの取り込み
給与計算システムと連携していれば、給与データを自動で取り込み、最小限の設定だけで給与明細を発行・配信することが可能です。特定のシステムと連携していなくても、CSVでデータで取り込めるシステムが大半を占めます。給与データの取り込みにより、工数削減とミス発生の防止を実現し効率的に業務を行えます。
その他の機能

基本的な給与明細のアップロード・閲覧だけではなく、「PDF出力機能」「掲示板機能」「一斉配信連絡」「安全確認機能」などの機能が付随している場合もあります。自社のニーズに合わせて機能は選択しましょう。

Web給与明細アプリの選定ポイント

"クラウド"or"オンプレミス"

給与明細アプリには、パッケージを購入して自社のサーバにインストールして活用するオンプレミス型と、月々一定の料金を支払ってクラウド上でサービスを利用するクラウド型があります。

前者は、構築に時間がかかるものの、会社独自のシステムにカスタマイズしやすく、社内のサーバを用いるため情報漏洩のリスクを抑えられます。後者は、構築に時間を要さず、申し込んだその月からサービスを利用できます。また、オンプレミス型ほど初期費用のコストがかかりません。無料体験やサポート体制もあるため、導入・移行がスムーズに進められる事が魅力です。加えて、クラウド型であれば導入後も法改正などに対応してくれるのでシステムの再構築の手間もかかりません。
オンプレミス型かクラウド型か、自社が求める機能・要件を満たすシステムを選びましょう。

必要な機能

Web上から給与明細を確認できる機能以外にも様々な機能が付随している場合があります。

・様々な帳票の配信
(シフト表・源泉徴収票等)
・簡易SNS
・安否確認機能
(緊急時の一斉送信機能)
・給与計算システムの機能として
 Web給与明細システムが
 付随しているシステム

その他、グループウェアの機能のとして給与明細機能が搭載させている場合もあります。

セキリティ

クラウド型の場合、セキュリティをサービス提供者に依存するため、セキュリティ要件を十分に確認しておく必要があります。各サービスにおいてもセキュリティ対策はされていますが、サービスごとに内容が異なる事もあるので選定の際に確認しましょう。

■対策_ネットワーク
(暗号化通信)
(Firewallを使用したアクセス制限)

■対策_データベース
(データベースの情報は暗号化され厳重保管)

■対策_アプリケーション
(IDとpasswordによる認証アクセス)
(IPアドレスによるアクセス制限)

費用

クラウド型のweb給与明細システムは、オンプレミス型とは異なりサーバなどのシステム環境を構築しなくても運用できるため導入費は格段に安なります。
多くのWeb給与明細システムは「初期導入費用」「月額料金」「単価×給与明細の発行数」を組み合わせた価格で提供されています。
初期費用・発行数など、そのシステムにおいて何に料金がかかるのかを把握した上で、トータルコストをシミュレーションしましょう。

オンプレミス型の場合は、導入時にサービス提供者に料金を支払ったあとは、大抵の場合月額費用はかかりませんが、法改正への対応やサーバの管理、電気代など維持費が必要となります。

連携に対応する給与ソフト

近年では様々な給与計算ソフトが開発され、活用している会社も多いと思います。Web給与明細システムを導入する場合、自社で運用している給与計算ソフトと上手く連携できるかどうかは重要なポイントとなります。
大半のサービスはcsvインポートに対応しているため、ほぼすべての給与ソフトで利用できますが、一部、CSV対応中のシステムやデータ加工が必要なシステムもあります。折角新しいシステムを導入したのに工数が減らなければ勿体無いので、導入前に必ず確認をしておきましょう。

実際の運用に適するか

その他、自社の運用に適しているかどうかを確認する必要があります。

・スマホやタブレットでも閲覧可か
・利用できるブラウザ
:利用できるPC(Windows,Mac等)
・給与明細項目は自由に変更可能か
・レイアウトを複数用意できるか
・書面での出力が可能か
・賞与明細は発行できるか
・源泉徴収票は発行できるか
・操作方法はわかりやすいか
・データバックアップや保存期間
・問い合わせなどのサポート体制
・アクセスが集中した場合の対応に問題はないか

必要な機能

Web上から給与明細を確認できる機能以外にも様々な機能が付随している場合があります。

・様々な帳票の配信
(シフト表・源泉徴収票等)
・簡易SNS
・安否確認機能
(緊急時の一斉送信機能)
・給与計算システムの機能として
 Web給与明細システムが
 付随しているシステム

その他、グループウェアの機能のとして給与明細機能が搭載させている場合もあります。

無料で利用できるWeb給与明細アプリ厳選比較

スマ給

日報特化型のシステムで「見たままに入力し、出力できる」ことをコンセプトに制作されているため、誰にでも使いやすいシステムになっています。日報のテンプレートをカスタマイズできることが強みで、報告・管理したい内容に合わせて日報の内容を変更できます。(記入者が勝手に様式を変えてしまうことも防止可能)その他、自動集計グラフ化、CSV出力、スマホからの入力・確認、提出状況管理など、日報に関する機能が漏れなく搭載されています。



スマ給 のポイント

  • 無料サービスなのに、利用人数・給与明細の閲覧期間などの制限もなし!

  • 明細の配布だけをペーパーレス化!給与計算等の業務の仕組み変更は最小限に
  • パソコン・スマホからの閲覧が可能。印刷用PDFファイルも出力可能。
  • 明細の配布だけをペーパーレス化!給与計算等の業務の仕組み変更は最小限に
価格・人数制限
完全無料でWeb給与明細が利用可能

初期費用・月額費用が0円で、従業員登録数の制限もなくWeb給与明細の機能が利用可能。有償のオプションサービスとして、メールサポートサービス・初期設定サポートが用意されています。

利用できる機能
Web給与明細の機能は無料、サポートサービスは有償
【無料】
●Web給与明細の機能
 ーPC・スマホで確認可能
 ー明細項目を自由に設定可能
 ーお知らせ機能・一覧

【有料】
●サポート機能
 ーメールサポート(2,000円/月)
 ー初期設定サポート(初期設定一部を代行)(30,000円/1アカウント)
利用できる機能
Web給与明細の機能は無料、サポートサービスは有償
【無料】
●Web給与明細の機能
 ーPC・スマホで確認可能
 ー明細項目を自由に設定可能
 ーお知らせ機能・一覧

【有料】
●サポート機能
 ーメールサポート(2,000円/月)
 ー初期設定サポート(初期設定一部を代行)(30,000円/1アカウント)

IEYASU

IEYASUは、1,000社以上のサポート経験により培った人事・労務の専門ノウハウが詰まった勤怠管理システム。勤怠管理だけではなく、Web給与明細機能や日報機能も完全無料で利用可能。ベンチャー企業のために制作されたシステムで、シンプルで使いやすいシステムを完全無料で導入できることが最大の強み。

IEYASU のポイント

  • 使いやすいWeb給与明細・勤怠管理システム・日報機能を、完全無料で 即時利用可能
  • シンプルで無駄のない画面_UI/UX
  • 開発には人事管理のプロが携わっているため、人事・労務の専門ノウハウが凝縮
  • シンプルで無駄のない画面_UI/UX
価格・人数制限
何名であっても継続して無料利用が可能
社員数に制限はなく、フリープランであれば何名であっても完全無料でWeb明細機能・勤怠管理機能・日報機能を利用することが可能。
利用できる機能
Web給与明細機能の他にも 勤怠管理(打刻)・日報機能等の利用が可能
【無料】
●PC・スマホ等から給与明細を確認できるWeb給与明細機能
 ーPC・スマホから給与明細閲覧可
 ー賞与明細・源泉徴収票も閲覧可
 ー給与データをcsvで簡単インポート
 ー給与項目も自由に設定可能

●勤怠管理機能(打刻)/承認申請 
 ーPC・スマホ・タブレット・ICカード対応 
 ー日次・月次集計データをCSVで出力可能 
 ー人事労務の専門家が監修しているため就業  
  形態や給与計算ルールに適した設定が可能

●業務効率化のための日報機能
 ーPC・スマホ・タブレットから入力可能
 ー提出状況確認・レポート機能も搭載

【有料】
●無料プランの機能に以下の機能が追加される
「オンライン問い合わせサポート」
「有休/残業などの申請ワークフロー」
「有給休暇等の自動付与機能」
「時間単位の有給休暇管理」
「残業時間超過等の36協定に合わせた勤怠アラート」
利用できる機能
Web給与明細機能の他にも 勤怠管理(打刻)・日報機能等の利用が可能
【無料】
●PC・スマホ等から給与明細を確認できるWeb給与明細機能
 ーPC・スマホから給与明細閲覧可
 ー賞与明細・源泉徴収票も閲覧可
 ー給与データをcsvで簡単インポート
 ー給与項目も自由に設定可能

●勤怠管理機能(打刻)/承認申請 
 ーPC・スマホ・タブレット・ICカード対応 
 ー日次・月次集計データをCSVで出力可能 
 ー人事労務の専門家が監修しているため就業  
  形態や給与計算ルールに適した設定が可能

●業務効率化のための日報機能
 ーPC・スマホ・タブレットから入力可能
 ー提出状況確認・レポート機能も搭載

【有料】
●無料プランの機能に以下の機能が追加される
「オンライン問い合わせサポート」
「有休/残業などの申請ワークフロー」
「有給休暇等の自動付与機能」
「時間単位の有給休暇管理」
「残業時間超過等の36協定に合わせた勤怠アラート」

リーズナブルで高機能なWeb給与明細システム 比較

i-Compass

i-Compassは、給与明細・賞与明細のWeb上で確認・ダウンロードができるWeb給与明細システムです。パソコン・スマートフォンだけでなく携帯電話にも対応しています。

給与明細のレイアウトや取り込み形式を自在にカスタマイズできるため、自社独自の帳票を作成することができ、スムーズな移行・運用が可能となります。セキュリティに配慮したデータセンター管理で安全な配信を実現。また、リアルタイムでの累計支給額も確認できます。

i-Compass のポイント

  • パソコン・スマートフォンだけでなく、携帯電話での閲覧にも対応
  • 自社専用の帳票等のレイアウト・形式に合わせて自在にカスタマイズ可能
  • パート・アルバイト等 関心の高い累計支給額をリアルタイムで確認可能。
  • 自社専用の帳票等のレイアウト・項目を自在にカスタマイズ可能
  • 自社専用の帳票等のレイアウト・形式に合わせて自在にカスタマイズ可能
価格・人数制限
初期費用49,800円 + 月額30円×人数
クラウドセンターの設定・動作確認などの初期費用(一時費用)として49,800円、月額の費用として1人あたり30円(従業員規模1000名以下の場合)かかります。なお、1ヶ月の最低利用料金は1万円からとなっているため、333名以下の場合は月額1万円となります。

1~1000名:月額30円 × 人数
1001~5000名:月額25円 × 人数
5001~10000名:月額20円 × 人数
利用できる機能
給与/賞与明細の確認や掲示板・メール機能を利用可能!
【基本機能】
●明細アップロード・確認・削除
 ー給与明細
 ー賞与明細
 ー明細出力項目も自由に設定
●名簿管理/明細出力
●メール連絡機能 ーお知らせメール設定(自動配信他)

【追加オプション】
●源泉徴収票の閲覧・印刷
●PDF配布・印刷
●安否確認オプション
●eラーニングオプション
●年末調整オプション
(年末調整申告書の入力・回収・訂正依頼をWeb化し給与計算システムへの連携も可能)
利用できる機能
給与/賞与明細の確認や掲示板・メール機能を利用可能!
【基本機能】
●明細アップロード・確認・削除
 ー給与明細
 ー賞与明細
 ー明細出力項目も自由に設定
●名簿管理/明細出力
●メール連絡機能 ーお知らせメール設定(自動配信他)

【追加オプション】
●源泉徴収票の閲覧・印刷
●PDF配布・印刷
●安否確認オプション
●eラーニングオプション
●年末調整オプション
(年末調整申告書の入力・回収・訂正依頼をWeb化し給与計算システムへの連携も可能)

e-navi給与明細WEB

e-navi給与明細は、給与ソフトで作成された給与明細情報を取り込み電子化し、各端末から閲覧するシステムです。パソコン・携帯電話・スマートフォンから閲覧できます(オプションを追加すれば賞与・源泉徴収票も対応可能)

セキュリティに配慮された、シンプルでリーズナブルなクラウドサービスとして評価されています。基本機能に加え、ファイル添付機能付き一斉送信メール機能も搭載。また、給与明細電子化の同意確認もサイト上で対応できます。
なお、利用中のメールサーバーを活用したパッケージソフト「e-navi給与明細Mail」もあります。

e-navi給与明細WEB のポイント

  • パソコン・スマートデバイス・携帯電話で閲覧できる給与明細
  • 各種給与明細システムと連携しており、簡単操作で給与データを取り込み、一括配信・公開通知までをスムーズに運用可能
  • 給与明細のお知らせとは別に同報メール送信機能も搭載。社内報や回覧書類の配布に活用可能
  • 従業員向けWEBサイトから給与明細電子化の同意確認が可能
  • 各種給与明細システムと連携しており、簡単操作で給与データを取り込み、一括配信・公開通知までをスムーズに運用可能
価格・人数制限
初期費用50,000円 + 月額30円×人数(最小200名からの契約)
初期費用(一時費用)として50,000円、給与明細機能の月額費用として1人あたり30円かかります。オプションとして、賞与明細閲覧・源泉徴収票閲覧に1人あたり10円かかります。なお、人数については従業員の登録人数ではなく、1ヶ月間にアップロードした給与明細の数をカウントします。(最小200人からの契約となるため、実質月額6000円〜となります)

基本システム(給与明細閲覧) 月額30円 /1名
賞与明細閲覧機能 月額10円 /1名
源泉徴収票閲覧機能 月額10円 /1名
利用できる機能
給与/賞与明細、源泉徴収票の確認が可能
【基本機能】
●給与明細アップロード・確認
●お知らせメール・公開設定(自動配信他)
●一斉連絡機能
●給与明細電子化の同意確認

【追加オプション】
●賞与明細の閲覧
●源泉徴収票の閲覧(PC閲覧)
利用できる機能
給与/賞与明細、源泉徴収票の確認が可能
【基本機能】
●給与明細アップロード・確認
●お知らせメール・公開設定(自動配信他)
●一斉連絡機能
●給与明細電子化の同意確認

【追加オプション】
●賞与明細の閲覧
●源泉徴収票の閲覧(PC閲覧)

Focus U 給与明細

「Focus U 給与明細」は、給与ソフトからのCSVインポートに対応し、携帯電話・スマートフォン・パソコン上から閲覧可能なWeb給与明細システムです。

利用人数に応じた定額料金で、導入費用もリーズナブルなためシンプルで迅速な運用が可能。さらに、給与計算システムの「弥生給与」「給与奉行」「給与応援」に対応したソフトを用意しているため、わずかな初期設定のみで利用を開始できます(上記以外の給与計算システムでも利用は可能)。
最大3年間のデータ保管が可能なため、再発行などの手間も省けます。

Focus U 給与明細 のポイント

  • 利用人数に応じた定額料金
  • 特定の給与計算と連携しており、より簡単でスピーディな初期設定が可能
  • 過去最大3年分の給与明細を簡単に確認可能
  • 特定の給与計算と連携しており、より簡単でスピーディな初期設定が可能
価格・人数制限
初期費用50,000円 + 定額の月額利用料
初期費用(一時費用)として50,000円、月額費用として定額の利用料がかかります。

〜50人    まで3,000円
51~100人  まで5,000円
101~200人まで10,000円
201~300人まで15,000円
301~500人まで20,000円
501~700人まで25,000円
701~1,000人まで30,000円
1,001人〜 +300人毎に5,000円加算
利用できる機能
給与/賞与明細の確認はもちろん安心のサポート体制も強み
【基本機能】
●明細アップロード・確認・削除
 ー給与明細
 ー賞与明細
 ー明細の項目は自由に設定可能
●名簿管理/明細出力
●従業員はマイページから確認
●安心のサポート体制(電話・メール)
利用できる機能
給与/賞与明細の確認はもちろん安心のサポート体制も強み
【基本機能】
●明細アップロード・確認・削除
 ー給与明細
 ー賞与明細
 ー明細の項目は自由に設定可能
●名簿管理/明細出力
●従業員はマイページから確認
●安心のサポート体制(電話・メール)
利用できる機能
給与/賞与明細の確認はもちろん安心のサポート体制も強み
【基本機能】
●明細アップロード・確認・削除
 ー給与明細
 ー賞与明細
 ー明細の項目は自由に設定可能
●名簿管理/明細出力
●従業員はマイページから確認
●安心のサポート体制(電話・メール)